交通事故での民事問題では警察は動かない!困ったら弁護士に相談!

交通事故を起こしたら警察に届け出るのは義務です。

そのため、交通事故では警察が頼りになると、勘違いしている人が多いです。

しかし、刑事事件以外の交通事故で、警察が動くことはありません。事故を証明する以外では警察は関わることがないです。相談をするなら弁護士が役に立ちます。ここでは交通事故への警察の対応と弁護士に相談する利点を解説していきます。


交通事故を起こしたら警察に連絡する

教習所では交通事故を起こしたら、警察に連絡するように教えています。警察に連絡する理由は届け出の義務があるからです。理由を知らない人は警察が交通事故を解決してくれると、勘違いするかもしれません。しかし、警察は事故の当事者が望むような対応をしてくれることは少ないでしょう。

警察が現場に来ると救急車を呼んだり、現場の混乱を整理したりすることが主な仕事です。その上で交通事故があったことを証明する事故証明書を発行する手続きを取ります。他には当事者から話を聞いて、どのような事故があったかを細かく確認します。

ほとんどの場合、当事者からの聞き取りが主な仕事になります。それでも、物的証拠となるブレーキ痕からスピードを計測することなどはできます。ただし、交通事故では決定的な証拠が少ないために、責任の割合を警察が決めることはできないことが多いです。

警察が動くのは事件性のある交通事故だけ

警察は刑事事件を扱う組織です。そのため、事件性がなければ動くことはありません。この行動原理は交通事故でも同じです。悪質なひき逃げや死亡事故を引き起こした飲酒運転などを取り締まることはできます。しかし、刑事事件以外の部分にはほとんど介入することができません。

また、当事者同士のトラブルに事件性を感じない限り、警察は何もしないでしょう。ただし、違法行為があったと証明できるケースは別です。飲酒運転、速度超過、センターラインのはみ出しなどは警察に証明をしてもらう必要があります。

違法行為が証明できればどちらが悪いのかが分かりますし、責任がどちらにあるのかがはっきりすることが多いからです。違法行為をしていて悪くないということはほとんどないです。むしろ違法行為が交通事故を引き起こした可能性の方が高いでしょう。

例えば、信号無視が原因で交通事故が起きたとします。赤信号を直進してきた車とぶつかったのであれば、信号無視は重要な争点になるでしょう。その点を証明できれば、交通事故のトラブル解消につながる確率が高いです。

交通事故の民事トラブルに警察は不介入

交通事故で困ったことがあると、警察を頼りにする人は多いです。これはトラブルを警察が解決してくれるというイメージが強いからです。しかし、警察には民事不介入という原則があります。そのため、交通事故の責任割合などに口を出すことはできません。

事故の相手と意見が一致しないなからといって、警察が間に入って問題解決をしてくれることはないです。この民事不介入の原則を盾に、話を聞いてくれないことの方が多いでしょう。トラブルを抱えている人にとっては、この警察の対応は冷たいように思えるかもしれません。

ただし、介入しないからといって、情報を提供しないわけではありません。交通事故当時の客観的な事実を、警察が分かる範囲で提示してくれます。例えば、交通事故当時と当事者の話が変わっていたら、話に信憑性がなくなります。

警察はそのような使い方をすることができるのです。介入してくれないからと恨みを言うよりも、どのように警察を利用できるかを考える方がいいでしょう。

弁護士ならどんなトラブルにも対応

民事不介入の原則がある警察と違い、弁護士はどんなトラブルも解決してくれます。交通事故のトラブルとして多い、相手側との意見の相違にも対応してくれるでしょう。交通事故では意見が違うから、責任割合が決まらずに前に進まないということがあります。

どちらかが正しいということを証明することは困難だからです。客観的な証拠が少ないために、意見の根拠があまりないことも理由です。そうなると、妥協点を見つけるか決定的な証拠を見つけるしかないでしょう。決定的な証拠を見つけられない場合でも、弁護士は過去の判例から妥当な点を見つけることができます。

裁判になったときに裁判官が判断する、妥当な点を相手側に示すことで妥協を引き出すことができるでしょう。このような方法は弁護士のように専門知識と経験がないと、なかなか行うことができません。素人が交通事故の問題を上手く解決できないのは、解決をしてきた実績がないからです。

実績がある弁護士であれば、簡単に解決できるケースがあるかもしれません。

交通事故の相談は弁護士にするのが良い!私が体験した依頼してよかったポイント!

保険会社とのトラブルなら弁護士が強い

交通事故のトラブルでは、相手側の保険会社とトラブルになるケースが多いです。保険金の支払いに関するものや治療費の継続の是非など、お金を支払いたくない保険会社とは意見が一致しないことが多くなります。そこで弁護士が重要になってくるのです。

弁護士であれば交渉をしてくれて、こちらが望む方向に解決してくれる可能性が高いです。基本的に保険会社は弁護士と争うことはしません。争っても得をしないと知っているからです。また、保険会社から示談金を示されたら、弁護士に相談することが大事になります。

その示談金が妥当かどうかが素人にはわからないからです。優良な保険会社なら示談金は妥当なものだと安心する人は多いですが、それは幻想である場合が多いです。そう考えると始めから弁護士に相談する方がいいでしょう。

特に自分が被害者なら弁護士に相談することが大事です。被害者の場合は相談できる専門家がいないからです。被害者だと自分の保険会社は介入しないことが多いので、相談することができません。そうなると、専門家に自分で依頼するしかないのです。

交通事故を弁護士に相談!示談までの体験談!

弁護士なら示談金を多く取れる可能性が高い

弁護士が示談金を多く取れるのは、交渉力が高いからということではありません。保険会社の支払い基準と弁護士が要求する基準が違うからなのです。保険会社はできるだけ支払う額を減らそうとします。そのため最低限度の支払い額だけで済まそうとします。

一方で弁護士は最大限の支払い額を要求します。過去の判例をもとに、どの程度が妥当かを保険会社に突きつけます。裁判になっても勝てる見込みがあれば、保険会社は戦うでしょう。しかし、ほとんどの場合、裁判費用や弁護士費用を考えて、弁護士側が出す要求額で手を打つことが多いです。